ペットボトルタイプのホットドリンク棚には500mlの商品も多く並ぶ。ホットコーヒー系飲料も、18年はペット入りが棚を席巻。有名店とのコラボ商品などバリエーションも豊富に
[画像のクリックで拡大表示]

 もはや日本人の生活には欠かせない存在、コンビニエン?#25915;攻去ⅰ?#26085;々、仮説と検証が繰り返され、コンビニの棚に並ぶ商品は常に変化し続けている。どんな商品が売れているのか――進化を続けるコンビニの棚からヒット商品の芽を見つけ出していく。

 ホットドリンクは今冬、市場のトレンドに大きな変化があった。17年までのペットボトル入りホットドリンクは350mlが主流だったが、18年は500mlの商品が続々登場。ファミリーマートではホットドリンク自体のアイテム数が昨年より10増え、合計18アイテムが揃った。

今回調査した「ファミリーマート サンシャイン?#31995;輟?/div>
[画像のクリックで拡大表示]

 ホットドリンクが大容量化した背景には、オフィ?#24037;扦巍袱瀝嬰坤?#39154;み?#24037;?#23450;着したこともある。以前は、温かさが売りのホットドリンクは「冷める前に飲み切る?#24037;?#37444;則だった。だが最近はメーカー側の工夫もあり「冷めてもおいしく?#24037;勝盲俊?#28040;費者の嗜好も、ちびちびだらだらと冷めた後も飲み続ける形に変化しているようだ。

 売れ行きを見る?#21462;?#23450;番商品の「伊藤園 おーいお茶」(税込み129円)がトップを走る。大容量化したことでコ?#25915;?#24847;識の高い30~40代の女性の購入比率も増え、ホットドリンク全体の売り上げ伸長につながった。

 従来の小容量のホットドリンクのなかでは、「ジョージア 猿田彦珈琲監修の蜂蜜ラテ」(税込み144円)に注目。以前は、コーヒーの購買層は?#34892;預?#20027;流だった。だが、猿田彦珈琲の店舗で人気メニューのオレンジ薫る蜂蜜風味のラテの登場で、女性客もこぞって手に取ったという。

「ジョージア 猿田彦珈琲監修の蜂蜜のラテ」(税込み144円)。猿田彦珈琲の店舗で提供しているアレンジラテの人気メニュー「蜂蜜のラテ?#24037;?#20877;現
[画像のクリックで拡大表示]

 自販機には並べきれないことが多い500mlのホットドリンクは、コンビニが主戦場。売り上げ最大のピークは12月から2月。商品の大容量化や人気アイテムの参入により、さらなる売り上げ増が期待できそうだ。

「ウコンの力?#25915;譏戛`タイプが登場

 忘年会シーズン前には機能性ドリンクのコー?#26045;`で飲酒対策飲料が急伸。

飲酒対策飲料が急伸。「ウコンの力」(税込み206円)や「ヘパリーゼ」(税込み258円)に加えて、18年10月末にはゼリー飲料が登場
[画像のクリックで拡大表示]

 飲酒対策飲料といえ?#23567;弗Ε償螭?#21147;」(税込み206円)?#21462;弗廿靴戛`ゼ」(税込み258円)が2強とされる。18年はそこに「ウコンの力 ?#25915;氓靴镮N」(税込み250円)が参戦。飲酒前の空腹感を満た?#25915;Ε償螭?#21147;シリーズ初のゼリー飲料として、18年10月末の先行発売後の出足は堅調。飲酒対策飲料の新たなトレンドになっている。

「ウコンの力 ?#25915;氓靴镮N」(税込み250円)。ハウ?#25915;ΕД毳庭攻詐`ズ「ウコンの力?#24037;違譏戛`版。クルクミン30mgを配合。パイン味
[画像のクリックで拡大表示]

 通常、飲酒対策飲料の購買層は30代以降の?#34892;預行膜坤盲郡ⅰ弗Ε償螭?#21147; ?#25915;氓靴镮N?#24037;?#26032;戦力として加入したことで飲酒経験の浅い20代にも浸透?#23567;?