AIのキャラクターがサポー?#36259;工毳楗伐氓償螗旦`?#21462;?#21490;上初と思われるイベン?#36259;?#26481;京?杉並で2019年1月27日に開催された。演奏したのは、ホルンの相原結さん、フルー?#36259;?#19978;塚恵理さんのお二人。舞台上で二人と一緒にコンサー?#36259;?#36914;めたのは、富士通クライアントコンピューティン?#25384;蜛Iアシ?#25915;駿螗取袱柵蓼懟工饋%償螗旦`?#36259;?#27169;様と舞台裏を紹介しよう。(中野 淳=PCメディア編集部)

 コンサー?#36259;?#20250;場は、東京?杉並の「セシオン杉並」。晴天の中、ホールには親子連れな?#26441;s400人が訪れた。

 最初に「ふくまろ」が登場したのは、二人の最初の演奏と挨拶の直後。「ふくまろー!」の呼びかけに応じて、舞台の?#25915;戛`ンに姿を現した。「自己紹介をお願いします」?#36259;?#30456;原さんの声に、「まろは『ふくまろ』。FMVっていうパソコンの中に住んでいるまろ。今日はみんなに会いたくて来たまろ。一緒に楽しむまろー!」と挨拶。会場では、小さな子供の喜ぶ声が聞こえた。

 「ふくまろ」は、富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の個人向けのパソコンに搭載しているAIアシ?#25915;駿螗取%姍`ザーの音声を認識して、画像や動画の再生、ネット検索、家電の操作などができる。「ふくまろ」の最初の仕事は、作曲家紹介のサポー?#21462;!弗嘯氓悉?#20889;真見せて」?#36259;?#21628;び掛けに応じて、?#25915;戛`ンにバッハの肖像画を映し出した。「ふくまろ」がバッハを映し出す?#21462;?#20250;場から「おー」?#36259;い?#22768;があがった。

?#25915;譬`ジの?#25915;戛`ンに登場したAIアシ?#25915;駿螗取袱柵蓼懟埂%償螗旦`?#36259;?#28436;奏者は、ホルンの相原結さん(左)とフルー?#36259;?#19978;塚恵理さん(右)
[画像のクリックで拡大表示]
相原結さん(ホルン)。元陸上自衛隊ホルン奏者。PKO(国連平和維持活動)で南?#20379;`ダン共和国に赴任し、国連の行事などで多数の演奏を?#32918;盲俊?#24112;国後、東京藝術大学別科に入学。2015年にロサンゼルスの国際ホルンシンポジウム(IHS)で、「IHS Ensemble Competition」に参加し優勝。シンポジウム内で特別演奏を?#32918;盲俊?016年にニューヨークのIHSで、Frank Lloyd氏、Bruno Schneider氏のマ?#25915;咯`クラスを受講
[画像のクリックで拡大表示]
上塚恵理さん(フルート)。12歳よりフルー?#36259;?#22987;める。桐朋学園芸術短期大学卒業後、同大学専攻科修了。ウィーン国立音楽大学マ?#25915;咯`クラスを修了し、ディプロマを取得。 第17回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールにて審査員賞を受賞するほか、複数のコンクールで入選。現在は東京都練馬区にて「Liebeフルート教室」を主催する。NPO法人「子供のための国際音楽交流協会(AIMEC)」会員
[画像のクリックで拡大表示]

演奏したのはメンバー2人の「ぷらっと交響楽団」

 今回のコンサー?#36259;稀?#36890;常のクラシックコンサー?#36259;趣?#36949;う特徴がある。一つはコンピューターで作成したオーケ?#25915;去槨?#38899;に合わせて、演奏する?#36259;い?#36259;向だ。これによって、演奏の表現力を高めたり、オーケ?#25915;去槨?#38754;白さを伝えたり?#36259;い盲?#21177;果を目指した。コンピューターで作成したオーケ?#25915;去槨?#38899;を楽団員に見立てて、相原さん、上塚さんとオーケ?#25915;去槨?#38899;源によるユニッ?#21462;袱駐槨盲?#20132;響楽団」を結成。今回のコンサー?#36259;?#33256;んだ。

 2つ目の特徴は来場者。「親子で楽しむ はじめてのクラシックコンサート?」?#36259;い?#38988;名で、0歳からの子供が参加できるようにした。実際、会場には小さな子供のいる家族が多く集まっていた。?#36259;悉いāⅴ償螗旦`?#36259;?#27083;成はクラシックの曲が中心。バッハから始まって、ヘンデル、ハイドン、モーツアル?#21462;ⅴ侃`トーベンなど、有名な作曲家の曲を次々と演奏する?#36259;い?#27083;成だ。童謡やアニメの曲が中心なら、小さな子供も演奏?#24605;?#20013;しやすい。クラシック中心の演奏に、どうやって子供たちに興味を持ってもらうかが課題だった。

 そこで、出たアイデアが、3つ目の特徴?#36259;勝階Iのキャラクター?#36259;?#36899;携。「ふくまろ」がオーケ?#25915;去槨?#26354;を流したり、作曲家や楽器の写真を映し出したりするこ?#36259;恰?#23567;さな子供も自然に演奏に親しめるようになるのではと考えた。関係者による?#21462;ⅳ長Δ筏緼Iとクラシック演奏会?#36259;?#36899;携は、初めてだ?#36259;いΑ?/p>

 来場した子供には、マラカスをプレゼン?#36259;筏俊¥長韋郡帷?#20250;場では子供たちの話す声やマラカスを振る音が、あちらこちらから聞こえていた。?#36259;長恧ⅴ攻戛`ンに「ふくまろ」が登場する?#21462;?#23376;供たちは自然に?#25915;譬`ジ?#24605;?#20013;。曲の紹介や演奏の際には、会場のざわめきがなくなっていた。キャラクターによるサポー?#36259;?#21177;果と言えそうだ。