大人も使える子供向けタブレット

 アマゾンは2019年3月7日、新タブレット「Amazon Fire HD 8 キッズモデル」を発表した。価格は税込み1万4980円。発売は3月19日の予定で、アマゾンのウェブサイト上では予約注文を受け付け中だ。

アマゾンが2019年3月19日に発売する「Amazon Fire HD 8 キッズモデル」。がっしりしたカバーが付いているので重そうに見えるが重量は474g。?#25915;去颮`ジは32GBなので動画のダウンロードも問題なし。別売のmicroSDカードを挿入すればさらに400GBまで増設できる
[画像のクリックで拡大表示]

 キッズモデルは、「自分のタブレットを子供に使わせると、見せたくないコンテンツまで表示されてしまう」という保護者のニーズをヒントに開発されたタブレットで、子供が使うことを前提にしているのが特徴となっている。

 「みまもり設定」と呼ばれるペアレンタルコントロールが用意されており、保護者はゲームで遊ぶ時間、本を読む時間などにそれぞれ制限を付けられる他、ウェブサイトの閲覧やアプリ内課金ができないようにすることも可能になっている。子供に持たせるだけに、発売から2年以内にタブレットが破損?故障した場合は、原則的に無償で交換してくれるのもポイントだ。

本体上部に電源?#25915;ぅ氓瀝?#20805;電用のmicroUSBポート、音量?#22528;駿螭勝嗓ⅳ搿%些`が分厚いのでちょっと押しにくい。またmicroSDカードはカバーを外さないと挿入できない
[画像のクリックで拡大表示]
キッズカバーはブルーとピンクから選べる
[画像のクリックで拡大表示]

 キッズモデルの何がお買い得かと言うと、18年10月に発売された第8世代の「Amazon Fire HD 8」をベースにしているため、機能?性能は同モデルの32GBモデルと全く同じだということだ。キッズモデルの起動画面は“子供仕様”になっているのだが、最初の起動時に設定したピンコードを入力してログアウトすれ?#23567;mazon Fire HD 8として使える。

保護者のアカウントでログインしなおせばAmazon Fire HD 8として問題なく使えてしまう
[画像のクリックで拡大表示]

 Fire HD 8の直販価格は税込み1万980円なので、キッズモデルのほうが4000円ほど高くなる計算だが、直販価格3480円のキッズカバー(ブルーまたはピンク)が付属する上、キッズモデルの発売と同時に?#25915;咯`トする子供向けのコンテンツサービス「Amazon FreeTime Unlimited」が1年間使い放題になる。

 「Amazon FreeTime Unlimited」では、幼児教育教材で定評のあるベネッセコーポレーションの「しまじろうの知育アプリ」「しまじろうの英語アプリ」をはじめとして、小学館の「ドラえもん」やディズニー作品など数千点の子供用コンテンツが楽しめるとのこと。サービスの利用料は、プライム会員の場合は月額480円、非会員の場合は月額980円だ。

「Amazon FreeTime Unlimited」が提供するコンテンツの対象年齢は3~12歳。使い放題の期間が終了すると自動的に有料会員に更新される
[画像のクリックで拡大表示]

(文/堀井塚高)