2019年3月5日、東京駅に隣接する商業施設「KITTE(キッテ)丸の内」の地下1階「キッテ グランシェ」に、人気ラーメン店5店舗を集めた飲食?#20140;`ン「ラーメン激戦区 東京?丸の内」がオープンした。

 出店する5店のうち、開業前から最も注目されていたのが「松戸富田麺絆(めんばん)」。ラーメン愛好家からも圧倒的な人気を誇るラーメン店で、東京初出店かつ千葉県以外に初進出ということで開業前から大きな話題となっていた。

「松戸富田麺絆(めんばん)」
[画像のクリックで拡大表示]
「中華蕎麦 とみ田」の看板メニュー「濃厚豚骨魚介つけ麺」(並、麺200g、税込み820円)。まるでさぬきうどんのような太さとコシのある独特の麺が、濃厚なとんこつと魚介の?#20379;`プによく絡む。つけ麺の生みの親である山岸一雄氏が考案した「もりそば(元祖つけ麺)」も提供する
[画像のクリックで拡大表示]
店主の富田治氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ほかにも羽田空港だけに店舗を持つ「中華そば 福味(ふくみ)」、海外でも展開する博多とんこつラーメンの人気店で、関東地方では立川のららぽーとに出店している「博多屋台ラーメン 一幸舎(いっこうしゃ)」、本店が湯島にある「四川坦坦麺 阿吽(あうん)」、同じく京橋にある「東京?#25915;駿ぅ毪撙漸椹`メン ど?み?#20581;工?#36562;を連ねる。

 店を選んだ決め手は、「地方から東京に来た人が、簡単にアクセスしづらい人気店」と鉄道会館 営業本部 エキナカ?JPグループの小串宗之キッテ グランシェ店長は説明する。

 「東京駅という立地を重視した。地方から観光に来た人が、電車を乗り継ぐことなく人気ラーメン店にアクセスできる利便性を感じてもらいたい」(小串店長)

「中華そば 福味(ふくみ)」は人気ラーメンチェーン「らーめんせたが屋」「ひるがお」の系列店。これまでは羽田空港内の商業施設だけで営業していた
[画像のクリックで拡大表示]
東京駅KITTE店限定メニュー「紅の煮干しラーメン」(税込み1000円)。女性客の利用が多くなることを見越し、健康を意識したメニューを開発した。ビーツの赤い色が鮮やかで、煮干しのはっきりとした香りが印象に残る
[画像のクリックで拡大表示]